下肢静脈瘤は早めに治療する|病院で健康体をゲット

足のだるさを感じたら

脚

長時間の立ち仕事や長時間のデスクワークは下肢静脈瘤の発症リスクが高まります。最新の治療ではレーザーを使って短時間で済ませることも出来ます。また、足を休ませたり適度に運動することは予防に効果的です。足のむくみだけではなく、だるさや疲れやすいといった症状がある場合は下肢静脈瘤の症状の場合があります。

詳細へ

下肢の静脈の血行障害

ガッツポーズの女医

下肢の静脈瘤の原因と予防

下肢静脈瘤とは脚の表面の静脈が歪に盛り上がったり、網目模様に血管が浮き上がるなどの症状が見られる疾患です。自然に治ることはなく、徐々に悪化していくのが特徴です。下肢静脈瘤を長期間放置し重症化してしまうと、血栓症や潰瘍が発症する場合もあり、早期治療が重要な疾患と言えます。下肢静脈瘤の発症の主な原因が下肢筋力の低下、血液のドロドロ化、長時間の立ち仕事などです。また肥満や遺伝なども影響があるとされています。そして女性ホルモンの変化も下肢に瘤をできやすくさせる要因であり、妊娠中や出産後に下肢静脈瘤が発症する女性も少なくありません。下肢静脈瘤の予防として、毎日のウォーキング程度の運動、十分な水分補給、睡眠の際は脚を高くする、などが挙げられます。

下肢の静脈瘤の対処法

下肢静脈瘤の治療法は、保存的療法、硬化療法、手術療法、血管内治療の4種類が基本となります。患者の状態や、症状の進行度に合わせ最も適した治療法選択されます。まず保存的療法とは、下肢静脈瘤ができやすい生活習慣の改善を行います。そして「弾性ストッキング」を使用して下肢を締め付け、脚に血液が溜まるのを防ぎ、症状の改善と進行を予防する治療となります。硬化療法とは、静脈瘤に注射を行い静脈を固める治療法です。固めた静脈は半年ほどで吸収され、自然に消えていきます。手術療法は静脈を外科手術にて切除する「ストリッピング手術」が基本となります。最後に血管内治療とは、高周波やレーザーを使用する治療法であり、体への負担が少ない為に日帰りでの治療が可能です。

ストリッピング手術の効果

足元

下肢静脈瘤の治療では、手術が必要な場合があります。手術は下肢静脈瘤の中でも、コブのように浮き出る伏在静脈瘤に対して行われ、ストリッピング手術という方法が用いられます。この手術は静脈瘤を抜き取ってしまうもので、根本的な治療法として高い効果があり、再発率も少ないことが特徴です。

詳細へ

立ち仕事の人に多い病気

PCを触る医師

下肢静脈瘤というのは膝から下の部分に静脈が青く浮き出る病気です。これは足の先から心臓へ戻る血流が止まってしまうのが原因で、血栓ができます。足がむくんだりつったりしますが、潰瘍ができることもあります。立ち仕事の人に発症するので、1時間に5分程度休むことが大事です。レーザー治療で治すことができます。

詳細へ